パーム・エンジェルス(Palm Angels)の2019年春夏メンズコレクションがイタリア・ミラノで2018年6月17日(日)に発表された。19時スタートにもかかわらず夜の気配2018ブランドコピー人気スーパーコピーブランド専門店,ブランドコピー激安通販専門店!はまだなく、ミラノから見る太陽は元気だ。肌をさす光を感じながら見るショーは、アスファルトの駐車場に大きな白い階段が設置された場所で行われる。パーム・エンジェルスのショーに毎度欠かせない、少しの無骨さが今季も漂っている。アンダーアーマーとのコラボレーションも登場ワードローブの起点となったのは、究極的な肉体疲労と疲労回復というテーマ。素材には、機能性を重視したネオプレーンやナイロン製のハイパーテクニカルな素材が採用されている。一方で、コーデュロイなどのローテクな素材も採用し、ハイブリッド感を出した。また、実用性という点でワークやミリタリーの要素は欠かせない。今季はアノラックパーカーからカーゴパンツ、スニーカーに至るまで主軸のカラーとしてオレンジとカーキ、さらには実用的なグレーなどを取り入れた。そこに加わる人工的なネオンカラーは、素材使いと色使いをより複雑にすると同時に大胆なものへと変える。もう一つの要素としてあげられるのは、アウトドアスポーツだ。その筆頭となったのが、アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)とのコラボレーション。セットアップやフーディーなどが登場している。さらに、モーターサイクルを想起させるようなトップス、スニーカーソールを合わせたウエスタンブーツ、それから平面的なウエストポーチなど、少しずつアクティブなディテールを組み入れている。そんな中で異色的だったのは、イーグルや星条旗プリントのセットアップ、シースルーのチェック柄開襟シャツ、スプラッシュ加工のストレートデニムなどによる個性的なモチーフ。これらは、立体的なパッチやネオンカラーのダブルステッチが、ミリタリー感を強めてハイパフォーマンスを演出する傍ら、独特の抜けを作ったアイテム群だ。